弁護士の依頼料

弁護士に債権の回収を依頼する場合の依頼料について説明していきますが、これは弁護士によってかなり異なりますしやり方によってかなり変わっていきますので注意です。故に、弁護士の方に依頼をする際にしっかりと確認をしてから依頼をすることを強くおすすめします。

まず相談に関することですが、これは無料でしてくれるところもあれば1時間1万円というところもありますので、しっかりと確認してください。初回無料などもあります。次に、着手金は10万円から30万円となります。特に旧式ですと20万円からとなる場合もあります。ただし、やり方によっては逆に減る場合もありますし、もしかすると無料になるところもあるかもしれません。着手金が無料対応の場合は成功報酬型になる可能性がありますので、事前に確認しておきましょう。

次に、解決方法による金額の相場ですが、これが弁護士によってかなり異なります。簡単な方法ならそこまで値段は高くなりませんが、調停や強制、訴訟となるとそれなりの金額になる場合があります。また、段階的にやっていくことが基本ですので、失敗した場合のやり方の料金が加算されることがあります。ただし、これも弁護士によってかなり異なりますので、しっかりと確認してください。

それと成功報酬や失敗した時なども弁護士によって異なりますのでしっかりと確認してから依頼をするようにしてください。


弁護士による回収内容

弁護士による債権回収の方法について説明していきます。債権回収の方法が幾つかあり、それらを使用して回収を行っていきます。1つ目に電話や面談での催促、2つ目に郵便などでの催促、3つ目に民事調停によるもの、4つ目に支払い支払督促、5つ目に少額訴訟、6つ目に訴訟、7つ目に強制執行といった方法による方法があります。

まず1つ目と2つ目ですが、これは基本的な催促です。少なくとも必ずこれらは行うことになります。主に交渉や裁判を起こすなどの提示などを行うものです。比較的穏便に回収していく方法ではありますが、多くの場合これでは反応しないことが多いです。

次に、民事調停ですが、これは調停を行って回収する方法です。ただし、あくまでも話し合いですから相手の方で出頭を行わないと成立しません。故に、少々効力は弱めではありますが、次は裁判も頭に入れているなどの威嚇にはなります。

支払督促や訴訟はそれなりに強くするやり方です。ただし、これでも相手の方で動かないということもありますし、回収できない場合もあります。また、結構期間を延ばされることもあります。ちなみに、少額訴訟は時間の浪費になることが多くありますので、弁護士によってはすぐに訴訟を起こす人もいます。

そして最後に強制執行です。これは最終手段で相手が全てのことに応じない場合の強硬手段です。故にこの段階まで来るとかなり大きな問題と言っても良いでしょう。かなり強引なことも行う場合があります。このような方法で債権回収を行っていきます。


弁護士に相談

債権回収を弁護士にしてもらうという方法があります。しかし、いきなり債権回収を行うと言うのはあまりおすすめしません。しっかりとどのような状態になっているかの自分の状況確認や適切な対処方法などを知ることが良いです。そのためにも弁護士に相談をおすすめします。

弁護士事務所によっては無料で相談をすることができるところがありますので、それを利用して気軽に相談をするようにしてください。その相談によってより良い方法で回収できるかもしれません。ただし、相談段階では弁護士自体は動けないので注意です。あくまでもアドバイス止まりなので、実際に回収を行う場合は自分でしないといけません。依頼をすれば弁護士が動くことができるので、よく考えてください。

弁護士への相談ですが、もう一つ意味があります。債権回収が出来るだけの裏付けの証拠が必要になります。債権回収ですが、許可なく回収行動をすることが出来ません。特に、何もないのに回収する事はできないです。ですから、相談を受けて本当に回収できるものかを確認する必要があります。その上で弁護士に依頼をすることが出来ます。ただし、難しいなら依頼が出来ない場合もありますので注意です。そのためにも証拠は残しておくようにしてください。


債権回収について

人によって他の人にお金を貸した、あるいはツケにしたなどのことがあるでしょう。それらが問題なく回収されれば問題にもなりませんが、必ずしも回収されません。しかも貸した人によっては音信不通やまともに会話すら出来ない状態があるでしょう。そんな時に債権回収として弁護士に相談をしてみると良いかもしれません。当サイトでは弁護士を使った債権回収の方法について紹介していきます。これで債権回収を行っていきましょう。

債権回収ですが、何も強制的にする必要はないです。しかし、いくら言っても返してくれないという場合が多々あります。特に「親しい人だから返してと言いづらい」という人もいるでしょう。そのような時に弁護士です。これにより回収できるかもしれません。

実際に回収まで行く前に弁護士に相談することだけでも良いのでやってみるのも良いでしょう。それによっては上手く回収できるかもしれません。また、弁護士に依頼をして回収してもらうという方法もありますので、上手く弁護士を使用するようにしてください。ただし、弁護士に依頼をするということはお金がかかりますし、場合によってはそれ以外にも問題が出てくることもありますのでよく考えて依頼をするようにしてください。

人によってはどうしようもならないということもあります。実際個人でやっているとどうしても限界が出てくることがあります。ですから、弁護士に相談をして債権回収を行って回収して問題を無くしましょう。