弁護士による回収内容

弁護士による債権回収の方法について説明していきます。債権回収の方法が幾つかあり、それらを使用して回収を行っていきます。1つ目に電話や面談での催促、2つ目に郵便などでの催促、3つ目に民事調停によるもの、4つ目に支払い支払督促、5つ目に少額訴訟、6つ目に訴訟、7つ目に強制執行といった方法による方法があります。

まず1つ目と2つ目ですが、これは基本的な催促です。少なくとも必ずこれらは行うことになります。主に交渉や裁判を起こすなどの提示などを行うものです。比較的穏便に回収していく方法ではありますが、多くの場合これでは反応しないことが多いです。

次に、民事調停ですが、これは調停を行って回収する方法です。ただし、あくまでも話し合いですから相手の方で出頭を行わないと成立しません。故に、少々効力は弱めではありますが、次は裁判も頭に入れているなどの威嚇にはなります。

支払督促や訴訟はそれなりに強くするやり方です。ただし、これでも相手の方で動かないということもありますし、回収できない場合もあります。また、結構期間を延ばされることもあります。ちなみに、少額訴訟は時間の浪費になることが多くありますので、弁護士によってはすぐに訴訟を起こす人もいます。

そして最後に強制執行です。これは最終手段で相手が全てのことに応じない場合の強硬手段です。故にこの段階まで来るとかなり大きな問題と言っても良いでしょう。かなり強引なことも行う場合があります。このような方法で債権回収を行っていきます。